2013年01月30日

夜間病院へ

いや〜、1年ぶりに行ってきましたよ、夜間病院に犬(笑)


ヒサシブリー
コピー 〜 IMG_0490.JPG




ってexclamation×2


できれば行かなくていいですから〜がく〜(落胆した顔)


ぶぅ子の後ろに写っているソファーがひっくり返ってるのも理由の1つなんですが・・・。



28日の夜10時頃、ぶぅ子の足取りが変になってるのを発見目



なんていうのか、足に力が入ってないというか、斜めに歩いてるというのか、”欽ちゃん走り”ならぬ、”欽ちゃん歩き”になってるような・・・。



コピー 〜 IMG_0404.JPG



すわ、ヘルニアか?



という事で、夜間病院へ行ってみてもらうことにしました。



ヘルニアは時間との戦いとも聞いたことがあるので・・・。



ぶぅ子の様子はというと、痛がるそぶりや苦しそうなそぶりはありません。


普段から全く鳴かないので、本当は痛かったのかもしれませんが。


ガマンヅヨイノ
コピー 〜 IMG_0406.JPG



他に変わったことといえば、夕方に少量のフードを3回くらい吐いたことくらいかな。


でも、吐くことは結構あるので気にはしていませんでした。


病院に到着して診察してもらいましたが、なんとexclamation


ぶぅ子は元気もりもり手(グー)


院内も普通に歩き回って、”なんで救急病院になんて来たの?”状態たらーっ(汗)



レントゲンを撮ってもらって、鎮痛剤と吐き気止めの注射を打って終了。



レントゲンでは写真上はヘルニアではないが、ごくごく軽度の、写真ではわからない程度のヘルニアの可能性は否定できないとか、

コピー 〜 IMG_0477.JPG



コピー 〜 IMG_0481.JPG

以前からかかりつけの病院で言われている、股関節が相当悪いとか、


コピー 〜 IMG_0478.JPG


背骨も相当異常だとか言われましたたらーっ(汗)


コピー 〜 IMG_0480.JPG


まぁ、フレンチに正常な骨格な子はほぼいないと言われてますからね犬(泣)


そして、家に着くとやっぱり歩き方はよろめいてておかしかったです。

何で病院では普通なのexclamation&question



翌朝、鎮痛剤の注射を打っているので痛みはないはずですが、違和感があるらしく、おPっこをする時にしゃがむ事ができずにまさかの立ちションがく〜(落胆した顔)


よろめきながらも、トイレ行く姿がいじらしかったです顔(泣)



翌日かかりつけの病院に、レントゲン写真を持参で行きましたが、やはり(今のところ)ヘルニアではないが、骨は相当悪いと。。。


グルコサミンやコンドロイチンとかのサプリの服用を考えた方が良いと言われました。


今年5歳になるぶぅ子。


コピー 〜 IMG_0484.JPG



ホネ系サプリ(ホネ系サプリ?)のお歳頃になってしまったようです。


今は鎮痛剤を服用させているので、膀胱炎系サプリの服用もやめていますが、ホネ系サプリも探してみなくては・・・。


あと、ソファーがあるとどうしても乗り降りするので、冒頭のようにソファーをとりあえずひっくり返しましたがく〜(落胆した顔)



コピー 〜 IMG_0489.JPG



それから、ぶぅ子の歩くスペースで唯一フローリングだった廊下にとりあえずカーペットを・・・。


コピー 〜 IMG_0492.JPG




コピー 〜 IMG_0494.JPG


ってexclamation



とりあえず過ぎねexclamation&question


ま、まぁ、土日にきれいに敷きましょたらーっ(汗)


1週間くらいは安静にしてお散歩も禁止なので、まったり過ごして養生してください〜。


コピー 〜 IMG_0485.JPG

ニックネーム ぶぅのねえちん at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3391664

この記事へのトラックバック